お勧めのペイントソフト

SAI
一番お勧めのペイント系ソフト。シェアウエアなので使用期限は31日。使用期限を過ぎたら保存と編集が出来なくなります。SAIが気に入ったのなら購入。価格は5250円と高機能な割りに安価です。他の市販ソフトなら数万円はしますね。このソフトの最大の特徴が手振れ補正です。レベルをカスタイマイズしてゆっくり線を引く事でより描きやすくなります。線を調整する機能もあります。SAIは滑らかな線が描けるので、線画だけ描いて、塗りは他のソフトでやる等、他のソフトと併用して絵を描く人もいます。また、背景透過したい場合は、PSDファイルで保存し、Adobe PhotoshopでPNGファイルとして名前を付けて保存する。

SAIは広く一般に使われるペイントソフトの一つ。尚、一番使われるソフトはphotoshop。SAIは2番目、Pixiaが3番目ぐらいだそうです。ComicStudioやIllustratorなんかもよく使われていますね。CmicStudioは漫画を描くのに向いてるそうな。gifファイルは開けないので、下で述べているjtrim等のソフトで画像形式を変えてやる必要があります。
SAIの動作OSはWindows98、2000、XP、Vista。
WindowsMeとWindows7は一応動作するみたいですが、正式対応ではないので不具合が生じる場合もあります。Windows95は絶対動作しないだろうね。
SAI講座のサイトも多数あります。管理人が参考にしているサイトです→初心者様のためのSAI講座
ニコニコ動画にもSAI講座の動画が多数挙がっており、非常に参考になります。


猫ペイント neko paint
結構お勧め。使いやすいし、滑らかな線が描けます。筆圧を感知します。
管理人が使ったソフトでは一番描きやすい。SAI並みにお勧めですねー。
また、ペンの種類もダウンロードする事で増やせます。
体験版と有料版があるようです。有料版は3150円と安価。体験版は一定期間を過ぎたら使用出来なくなります。
ペイントソフト猫Freeという猫ペイントの無料版も出たようです。
猫ペイントの動作OSはWindows98、2000。Vistaで動作したのでXPと7もいけるんじゃないかな?不具合が起きるか知りませんが。
ペイントソフト猫Freeの動作OSはWindowsXP、Vista、7。


Pixia
滑らかな線が描けます。多彩な表現が可能です。筆圧も感知します。
最初は使い方が分からずに苦労する部分もあるかもしれません。
管理人は普通に苦労した部分がありました(^^
無料のペイントソフトの中ではNo.1なのではないでしょうか。
線画を描くのには向いてないそうなので、別のソフトで線を入れて、着色の時にPixiaを使う人もいます。
動作OSはWindows2000、XP、Vista、7。


AzPainter2
初心者にはお絵かき掲示板と似た機能があるAzPainterの方が使いやすいかもしれません。
SAI、猫ペイント、Pixiaみたいな滑らかな線を描くのはまず無理。これらのソフト程の多彩な表現をするのは難しいです。世の中にはお絵描き掲示板でリアル絵が描ける凄い人もいるので無理ではないです。無限の可能性を占めているのです。AzPainter旧バージョンは筆圧を感知しなかったのでAzPainter2では筆圧を感知する等他も含めて大幅に改善されています。
動作OSはWindowsVista、XP、Me、2000、98。
ファイルが圧縮されているので解凍ソフトがないと利用できません。詳しくは下のLhaplusを参照。


紙に描いた線画をスキャナーでスキャンして、加工・着色してる人もいます。
絵が上手い人はこの方法をよく使ってるみたいです。やはり、本物の紙の方が描きやすいらしい。当たり前ですが。
でも、数的にはパソコンで線画を描く人が多いのかな?。
画像を取り込んだりといろいろ面倒だったので管理人はスキャナーで取り込むのを極力減らしました。
大多数の人がペンタブ使ってます。ペンタブはマウスより絶対便利(笑)。メーカーはワコム、初心者の場合サイズはA5がお勧めらしい。

他のソフトを使うもよし!他のソフトと併用するもよし!どんな方法やソフトで絵を描くのかは皆さんの自由ですよ。
よく勘違いしてる人がいますが、ソフトを変えたからといって絵が上手くなる事は有り得ません。
ずばり言っちゃいますが、ペイントソフトの機能を使いこなせなくても絵が上手い人はどんなソフトを使っても上手く描け、下手な人はどんなソフトを使っても下手です。結局は描く人の腕次第なのです。
ソフトによって性能や使い方が違うから人によって差は出ますが。

以下はペイントソフトではありませんが、いろいろとお役立ちの仲間達。旅のお供にどうぞ♪

jtrim
主にファイル形式を変えたり、画像を加工する事が出来ます。広く一般に使われるお勧めの画像加工ソフト。動作も非常に軽く、超便利。ファイルを開いて、名前を付けて保存をクリック、保存する時にファイル形式をpng、gif、jpeg、bmp、jpegの何れかにすればOK。
gifファイルが使えないソフトで使うためにファイル形式を変換するのにも使える。
いろいろと加工もできます。鉛筆画、モザイク、光沢、切り取り等多数の加工メニューが揃ってます。
jtrimは ファイルが圧縮されているので解凍ソフトがないと利用できません。

Lhaplus
あらゆる種類の圧縮ファイルを圧縮・解凍できるソフト。
動作対象は全てのOSです。無料です。
圧縮されたソフト/ファイルは結構多いので持ってない人はダウンロードする事をお勧めします。

Vector
有料・無料を問わず、いろんなソフトを検索出来ます。大概のソフトがここに載ってます。
数は少ないですが、CGIも混ざっています。10万本以上のソフトがあるらしいですね。

TOP > お勧めのペイントソフト

Copyright (C) 2008- 白狐 All Rights Reserved