小説投稿掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

■70 / 親記事)  彷徨えるノーウェアの少年【スマブラ小説】
  
□投稿者/ 水仙 [下級職]剣士ブレイド(14回)-(2014/05/05(Mon) 17:49:31) [ID:T5jAGfQv]
    タイトルからはみじんも想像できませんがスマブラ小説です。
    キャラ設定は後で纏めときます。
引用返信 削除キー/
■71 / ResNo.1)  キャラ設定(キャラが増えるたびに追加します
□投稿者/ 水仙 [下級職]剣士ブレイド(15回)-(2014/05/05(Mon) 18:04:35) [ID:T5jAGfQv]
    世界観
    世界中から集められたファイターが寮で生活。
    試合の時に呼び出され試合をする。
    普段は町とか色々なところを歩いてたり遊んでたり。
    そんな感じで原作とはいろいろちがかったりMOTHER系がメインだったり。
    オリジナル設定になるものも少しあるけど痛くならないように頑張ります。
    …あれ?これ世界観の説明だったよね?


    ネス
    語り手。主人公。
    リュカとは仲がとてもいい。
    リュカが来てからと言うもの時折不思議な夢を見るらしい。
    多分常識人。

    リュカ
    もう一人の主人公的な存在。
    ある理由から追いかけられてたが最終的に仲間になった。
    ネスと仲がいいが、内心では恨んでる部分、信用しきれない部分もあるらしい。
    基本的に大人っぽく冷たい性格だが、根はやさしく時折優しい部分も見せる。
    何らかの目的でスマブラ界に来たようだが…?
    ちなみに周りからはかなり恐れられているが、根はやさしいので尊敬してる人もいる…らしい。
引用返信 削除キー/
■72 / ResNo.2)  EP.1 前
□投稿者/ 水仙 [下級職]剣士ブレイド(16回)-(2014/05/05(Mon) 20:12:09) [ID:T5jAGfQv]
    EP.1「侵入者リュカ」

    「…とうとう、来た。」
    「…僕は必ず…皆を…」

    ファンファンファンファン…
    僕はその夜、寮全体に鳴り響いた音に目覚めた。…いや、僕はおろかこの世界の全ての人間が目覚めただろう。
    僕は飛び起きた。見れば周りの皆も起きているようだ。そして、武器などの準備をしていた。
    …そう、皆この音の意味を知っているのだ。
    僕たちは準備を終え、メインルームへと向かった。

    〜廊下〜
    カービィ「眠い…起こされた…食べ物…一体何があったの?」
    トレーナー「くだらない事なのかかなり重大な事なのか分かんないけど重大な事の方がいいかな。深夜の2時ぐらいじゃん今…orz」
    「うぅ…ねむい…」
    僕は同じ部屋の3人(匹?)と一緒にメインルームへ向かっていた。
    何でこんな時間にとこの音が鳴る原因を作った誰かを恨む。
    命令音。この音は何か重大なことが起きた時になる音だ。
    皆メインルームに集まり、何が起きたのか伝えられ、どうにかしろと命令されるから命令音。
    けっこう無理やりな命名な気がするけど気にしちゃいけない。
    そんなこんなで、僕たちはメインルームについた。

    マスターハンド「皆集まったな。…今回は結構重大だ」
    全員「マジで!?」
    皆が喜ぶ。こんな時間に起こされたのだから喜んでしまうのは無理もない。
    だが事の重大さに気づき、皆喜びを隠しながらも静かになる。
    マスターハンド「どうやらこの世界に侵入してきた者がいるらしい…」
    全員「ええっ!?」
    マリオ「それ、本当なのか…?」
    マスターハンド「ああ、本当だ。…この世界に侵入するのは難しいし、正直望んで侵入するものなどいないと思ってたのだがな…」
    ルイージ「確かに戦うのは大変だしね」
    ピーチ「面倒くさいし。」
    …正直侵入してきた人はドMかと思う。いったいどんな理由でこの世界に…

    一旦切ります。
引用返信 削除キー/
■73 / ResNo.3)  EP.1 後
□投稿者/ 水仙 [下級職]剣士ブレイド(17回)-(2014/05/07(Wed) 22:52:05) [ID:T5jAGfQv]
    マスターハンド「…正直そこまで言われるとグサッと来るが…」
    マスターハンド「この世界には招待されたものしか入れない。…半端な強さの者が入ったら、戦いにならないからな」
    うん。…だから、この世界に招待された後、戦ってるところとか見るとこの世界で生きなきゃいけないのかと落ち込むんだよね…まぁ今は慣れたけども。
    トレーナー「で、そのドMはどこにいるんだ?」
    マスターハンド「もうドM認定か…まぁしょうがないよな…。…で、場所は…まだ分かってないんだ」
    全員「えっ」
    なん…だと…!?
    フォックス「…とうとうサーチの機能部分が壊れたのか?」
    マスターハンド「違う。断じてありえない。侵入者以外の者たちの位置情報はしっかりサーチできてる。」
    じゃあなんで…?
    マスターハンド「それが最初は反応があったのだが…急に反応がなくなったんだ。」
    ゼロスーツサムス「…何らかの力で反応を消したのかしら」
    マスターハンド「その線が最も有力だな。…そんなわけだから侵入者の場所は各自探してもらうことになる。…わかったな?と言うことで行け!」
    全員「了解!!」

    トレーナー「…見つからないな」
    ピカチュウ「何気に前の書き込みで書き忘れてたけど僕も同じ部屋なんだよね」
    カービィ「ピカチュウは一体なにを言ってるの…?」
    ゴミ箱をあさっても図書館を調べてもそこらじゅう歩いても見つかんないってどういうことなの…?何気にもう朝だし…。
    ???「…しつこい…」
    …ん?
    トレーナー「…今僕の耳が正しければ何か声が聞こえた気がするんだけど」
    ???「…ん?…まさかもう効果が切れて…」
    4人「…」
    ???「…」
    4人「い…」
    いたああああああああああああああっ!?

    続く!
引用返信 削除キー/
■74 / ResNo.4)  EP.2
□投稿者/ 水仙 [下級職]剣士ブレイド(18回)-(2014/05/25(Sun) 22:51:36) [ID:T5jAGfQv]
    EP.2「見つかった少年の覚悟とは」

    ピカチュウ「展開はやいね…とりあえず連絡連絡」
    ???「…効果切れるの早過ぎでしょ…」
    カービィ「…とりあえず、帰ってもらうよ?」
    そうだよ、この世界は常人には…
    ???「…それぐらいの覚悟、できてるさ」
    え?
    ???「だから邪魔しないでよ」タタタッ
    トレーナー「っ、逃げた…!!」
    …何かわけありみたいだね…
    ん?これ、落とし物かな?向日葵の形の…これで場所とかが分からなかったのかな。
    名前書いてある…リュカ、でいいのかな?
    …とりあえず危ない目にはあわせられないし…追いかけよう!!

    マリオ「おい、侵入者の場所と素性がわかったぞ!」
    ルイージ「それは本当かい!?」
    ピーチ「あら、こんな小さな子が…信じられないわね」
    リンク「とりあえずそこに向かうぞ」
    全員「うん!(ああ!)(おう!)(ええ!)」

    見つけた!まさか戦場にいたとは…
    リュカ「…どうしても僕を帰すつもり?」
    うん。キミはこの世界にいちゃいけないし、危ないから。
    リュカ「…君は、ネスはあいつとは全然違うね。…もっと早く止めてくれればよかったのにね」
    …?いったい何のこと?」
    リュカ「気付かないならいいけど…なんにせよ、僕を帰すというなら」

    リュカ「しょうがないから実力行使しかないよね…?」

    続く!
引用返信 削除キー/



スレッド内ページ移動 / << 0 >>

このスレッドに書きこむ

Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree - (RSS/SPAM 対応版)