小説投稿掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

■5 / 親記事)  (削除)
  
□投稿者/ -(2013/01/30(Wed) 22:10:31)
    この記事は(投稿者)削除されました
引用返信 削除キー/
■47 / ResNo.1)  Re[1]: 新・走れカービィ
□投稿者/ デデンドン [下級職]兵士ソルジャー(24回)-(2013/08/12(Mon) 15:10:58) [ID:fR2ZQl1A]
    そんなこんなで祭りを楽しんでいたカービィはふと、
    「メタナイトは元気にしてるかな」と思った。

    カービィは高校に入学以来特に親しい仲だった友人がいた。
    メタナイトである。

    2人は共に「映画研究部」に所属し、互いに人目置いていた。
    映画研究部とは、名前の通り映画を鑑賞、内容について研究、議論を重ね、
    またそれらの分析を参考にし実際に自ら映画を製作する、という
    聞こえは良い部活なのだが、実の所部員は何だかんだで
    ただダラダラ映画を見るだけが好きという阿呆ばかりで
    部室で「コマンドー」を鑑賞し、研究を口実に部費で劇場版銀魂を見に行き、
    挙句の果てにはそれらで得たにわか知識で製作、文化祭で上映された
    アニメ映画「アレと共に勃ちぬ」は大コケ、観客からゴミの集中砲火を喰らうザマだった。

    そんな映画研究部に革命を起こしたのがこの二人だった。
    アニメ、実写、洋モノジャンルを問わず映画が好きだった二人はこれに怒った。
    彼らは阿呆を極めし部員達に活を入れ、本格的に映画を勉強する環境を整え、
    実際に撮影、作画、色彩、スタント、バンジー、とにかく色々学んだ。
    そんな修行を積んだ末完成した昨年の文化祭で上映された
    アニメ映画「星のデデデ 神と神のFILMZ エスカルゴンよ永遠なれ」は、
    満足度★3つ(5つ中)、興行収入20000円(一人200円)という微妙な結果に終わった。
    それでも今までは鼻で笑われていた映画研究部は見直され、
    地位はそこそこ高いものになった。
    それからというもの2人は「映画研究部にカービィとメタナイトあり」と2人だけで豪語した。
    彼らもまた、変人ぞろいである映画研究部員ですら顔をしかめる阿呆の双璧であったのだ。
引用返信 削除キー/



スレッド内ページ移動 / << 0 >>

このスレッドに書きこむ

Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree - (RSS/SPAM 対応版)