小説投稿掲示板

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

■105 / 親記事)  創造神と神鳥レティスに導かれた戦士達
  
□投稿者/ 謎の女剣士 [下級職]剣士ブレイド(2回)-(2018/10/20(Sat) 07:53:38) [ID:ARWh6jys]
    こちらでは初めまして。

    今回はスマブラとDQHに依るコラボ小説を描こうと思います。
    まず、主な登場人物から描きますね。


    ースマブラー

    ピーチ
    本作の主人公。
    幾多の作品でマリオに助けて貰ったが、突然迷い込んで来た時オカリンクと出会う。
    彼が完治するまで看病し、その後彼に恋心を抱くようになる。
    魔法などが使えていて、今はメラ系の最強呪文まで習得中。
    オレンカで知り合った少女・テレシアと、ハイラル国の王女・ゼルダとは仲良し。

    1人称:私、2人称:あなた

    子供リンク
    時オカリンクの7年前の姿。
    今はジャイワール国に兄・リンクと共に滞在中。
    時にはコートルダから来た女性・ジュリエッタに誘惑されるが、ツェザールに止めて貰う事もしばしば。
    天空界出身の天使・ピットとは、1番の仲良し。

    今後のお話で、登場キャラが増えますのでご了承下さい。
    ※後設定として、蒼炎アイクとゼルダは恋人同士なのでご注意下さい。
引用返信 削除キー/
■106 / ResNo.1)  Re[1]: 創造神と神鳥レティスに導かれた戦士達
□投稿者/ 謎の女剣士 [下級職]剣士ブレイド(3回)-(2018/10/20(Sat) 23:48:00) [ID:ARWh6jys]
    第1話「平和な日常」


    此処はジャイワール国、今日も何処かで音が鳴っている様だ。

    カキン カキィン

    しかしその音は長く続かず、ついに1人の少年が弱音を吐いてしまった。
    そこへ、1人の大人勇者が少年の元へ駆け付けて来た。


    「子リン。無理に強くなる必要はないよ、時間はたっぷりあるから焦らずにね?」
    「うん・・・」

    その少年の名は、子供リンク。
    子リンと名乗る少年を心配してくれた大人勇者の正体は、彼の7年後の姿・時オカリンクだった。
    リンクと子リン、この2人はこれからも強くなるだろう。
    子リンは一国の王子・ツェザールと戦わず、兵士にお願いして剣の稽古を付けて貰っていたらしい。


    「よし! 今日の稽古は此処までだ」
    「ツェザールさん!」
    「リンクは先に休んでろ。ジャックがお前の為に飲み物を用意して待っているぞ」
    「ありがとうございます。あの・・・、ツェザール王子様」
    「何だ?」
    「弟は・・・、子リンはどんどん強くなって行くでしょうか?」
    「勿論だ。オレンカに留学している幼馴染に話したら、その子リンとやらには素質があると言っていたぞ」
    「もしかして・・・?」
    「ふっ・・・。お前は既に分かっている様だな、リンク」
    「はい。多分ですが、あの人しか考えられない気がしますので」

    ツェザールの語る幼馴染の正体を、リンクは既に気付いていた。
    その幼馴染とは一体、何者なのか・・・。

    ー次回に続くー
引用返信 削除キー/



スレッド内ページ移動 / << 0 >>

このスレッドに書きこむ

Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree - (RSS/SPAM 対応版)